薄毛治療と言えばAGA治療!!と言われるほど、今やメジャーになったAGA治療。このAGA治療で気になることをまとめてみました。

 

今回はAGA治療の費用について。

 

 

【人気記事】

AGA治療で有名な芸能人10選

 

 

 

AGA治療ってそもそもどんなことをするの?

AGA治療と一口に言っても、その治療法は実に様々です。個人の症状や薄毛の原因に合わせて適切な治療を行っていきます。

 

AGA治療は薬剤を使った治療がメインになります。

 

ミノキシジル”と”プロペシア”この2つのAGA治療薬はもっとも有名で、もっとも効果が出やすい治療薬として現在多くのAGA治療で使用されている薬になります。

 

”ミノキシジル”は、O型薄毛に有効な育毛剤。メイン成分であるミノキシジルが血行を促進させ、頭皮の血行不良を改善しつつ育毛にも一役買ってくれるという薬になります。

 

”プロペシア”はフィナステリドという成分を配合した飲み薬。

 

M型の薄毛に対して有効とも言われています。ジヒドロテストステロンを抑制させて発毛サイクルを正常にします。

 

このほかにも、最新と言われているHARG治療などもAGA治療として盛んに行われています。

 

 

AGA治療の費用について

一番肝心なのが、AGA治療の費用についてです。

 

AGA治療は専門のクリニック(医療機関)で行われるため、市販されている医薬部外品の育毛剤に比べるとその費用は高めです。

 

 

市販の育毛剤の一ヶ月分の費用

医薬部外品の育毛剤で月4,000円~9,000円程度

 

AGA治療の費用

一概にAGA治療と言っても色々とあります。

 

塗り薬であるミノキシジル、飲み薬であるプロペシアやその他サプリ、診察料などがあります。下記にて各々の費用について記載致します。

 

ミノキシジル一か月分の料金

飲み薬で一ヶ月平均6,000円前後
塗り薬で一ヶ月平均8,000円前後

 

プロペシア一ヶ月分の費用

飲み薬で一ヶ月平均7,500円前後

 

AGA治療薬はクリニックで処方箋をもらわなければならないため、別途診察料として加算されます診察料はクリニックによって異なりますが、平均1,000円~3,000円程度。

 

その他のサプリメントの費用

AGA治療とはまた別にサプリメントを処方されることも。この場合、2,000円前後が多いです。

 

AGA治療のトータル費用

一般病院で治療を行うと・・・一ヶ月平均で25,000円~28,000円ほど

 

AGA専門クリニックで治療を行うと・・・一ヶ月平均で30,000円前後
が一般的な費用になります。

 

AGA治療専門クリニックの方が費用が高くない?

 

一般病院でもAGA治療薬は処方箋として出してくれます。

 

また、費用も同じものを出してくれるのにこちらのが安く、逆にAGAメインのAGA専門クリニックの方が一ヶ月のコストは高め。

 

その理由は、AGA治療専門クリニックの場合AGA治療を専門とする医師が問診→触診→症状の経過を診断→生活改善指導に加え→一か月分のAGA治療薬の処方箋を出します。

 

そのため、AGA治療専門クリニックでは一般病院での治療よりもより細かくAGA治療を行っていきます。

 

実際、一般病院では問診や触診はするけど、生活改善指導はとくに行っていないという場合が多いです。

 

一ヶ月数千円の差になりますが、より詳しくより確実により効率よくAGA治療を行いたい!という場合はやはりAGA治療専門クリニックでの治療が良さそうですね。

 

 

AGA治療は途中でやめると効果がなくなる?

AGA治療というのは、一度治療を中止してしまうと頭皮や髪の毛はまたもとの状態(生えにくい、抜け毛が増えるなど)になり薄毛や脱毛はより進行します。

 

ですので、AGA治療というのは長いスパンで考えなければならないものですし、実際長期間継続してはじめて効果が得られる治療になります。

 

ですが、やはり毎月数万円のコストが掛かるのもまた事実です。

 

AGA治療というのは健康保険を使用することが出来ないため、AGA治療は全額負担になります。

 

これは大きな負担になりますよね。

 

また、選んだ病院先によってはとくにAGAの知識が無い医師が治療を行うという事もあり、治療費に見合った治療を受けられない・受けられなかったというクレームが多いのもまた事実です。

 

一ヶ月3万円前後の費用が掛かってしまうAGA専門クリニック。

 

ですが、AGAのことなら何でもお任せ!な医師が診てくれるのでより詳しい説明や1人1人に合った治療を行ってくれるメリットがあります。

 

また、AGA専門クリニックは一般病院とは異なり夜遅くまで開いているクリニックも多いため平日中々思うように動けないという方でも気軽にクリニックへ通うことができます。

 

 

AGA治療を安くする方法

それでもやっぱり一ヶ月に2万も3万も出していられない!という方も多いと思います。

 

実はAGA治療のメインというのが”AGA治療薬を服用すること”にあります。

 

ですので、このAGA治療薬を自分で入手することが出来ればコストを大幅に下げることが出来てしまうのです。

 

というのも、AGA治療は日本の場合病院に行って医師から処方箋をもらって初めて手に入れることが出来るの物なのですが海外の場合そうではないため、海外からAGA治療薬を個人輸入するという手段もあります。

 

こうすると、医療費や初診料などをカットできるので薬代と送料だけでゲットできてしまうのです。

 

プロペシアの場合一ヶ月2,000円前後。

 

ミノキシジル(飲み薬)の場合一ヶ月1,000円前後で、塗り薬の場合3,000円前後。

 

ただ、こちらは”全て自己責任”になります。

 

WHOによると世界で流通している医薬品(育毛剤を含む)のおよそ1割がニセモノだと言われています。

 

個人輸入をする場合、信頼性の高いドラッグストアなどで購入するのが良さそうです。

 

 

AGA治療にかかる費用ってどれくらい? まとめ

個人でAGA治療薬を購入することも出来るのですが、それが本物かどうかは個人で調べることが難しい上に全て自己責任になるのであまりオススメではありません。

 

コストは掛かってしまいますが、やはり自分に合った治療ができる+自分に合った治療薬を手に入れることが出来るAGA治療を行っているクリニックに行くのがよさそうです。

 

また、AGA専門クリニックの場合土日祝開いていたり、夜遅くまで開いていることも多いため平日中々動けないという方はこういったクリニックを利用すると通いやすいのでお勧めです。

 

長く継続しなければならない分、こういったコスト面は重要です。是非、色々比較して続けやすい方法を選んでみてはいかがでしょうか。