aga治療にかかる期間ってどれくらい?

AGA治療を始めたいけど、治療にかかる期間ってどのくらい?

 

と疑問に持つ方は多いようです。市販の育毛剤は最低でも3ヶ月以上継続して使用しなければならないのですが、AGA治療となればより早く効果が現れそうというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

 

AGA治療にかかる期間と、効果期間について詳しくご紹介していきます!

 

AGA治療に掛かる期間はとにかく長い

市販の育毛剤よりも早く効果が出てきそうなイメージの強いAGA治療なのですが、実はこのAGAを克服するには相当な時間を要します。

 

AGAの治療というのは、一般的に医師による診察から始まりAGA治療薬の服用・投与を開始しつつ、食事の内容や頭皮マッサージといった生活習慣を改善しなければなりません。

 

髪の毛が生えてくるサイクルというのは、ある一定の期間を経てから髪の毛が生えてきます。ですので、この髪の毛のサイクルで考えてもAGA治療開始からかなりの時間が掛かってしまうのです。

 

【ヘアサイクル(毛周期)について】

成長期(2~6年)・・・新しい髪の毛が生える時期。

退行期(2週間)・・・・毛根が小さくなります。およそ2週間で毛根が活動をやめ、髪の毛の成長が止まります。

休止期(3~4ヶ月)・・・退行期で眠っていた毛根が再び活動をはじめ成長期に入るための期間。

 

このヘアサイクルが短くなればなるほど、薄毛の原因になっていきます。そしてヘアサイクルが短くなる原因にAGAがあります。

 

AGA治療の平均的な期間

AGA治療でもっとも多く処方されるのがプロペシア(フィナステリド)ですが、このプロペシアを服用した方の多くが”服用をしてから半年ほどで効果が出てきた”というのが目安になっています。

 

ですので、最低でも半年以上は続ける必要があります。この平均的な期間というのはあくまでも”平均”になります。個人の体質やAGA進行具合、生活環境などにも左右されやすいのがAGA治療なのです。

 

早い人は一ヶ月たらずで効果が出てきた!という人もいれば、1年以上続けても効果らしい効果を実感できないという方も居ます。

 

AGA治療期間に差がある理由

AGA治療というのは、早ければ早いほど効果が出やすいと言われています。

 

つまり、AGA治療は薄毛が軽症であるほどAGA治療薬の効果が出やすいです。反対に、AGAを何年も放置してきて重症になった頃にやっと治療を開始してもその効果が出てくるまでには時間が掛かってしまいますしAGA治療の期間もその分長引くと言われています。

 

飲み薬のフィナステリドは継続的に飲むほどその効果が出やすいのですが、臨床結果によるとフィナステリドをおよそ3年続けることによっておよそ98%ものAGA患者に脱毛を改善できた・抜け毛がなくなったという結果が出ています。

 

AGA治療の効果がある期間について

AGA治療を開始してから気になるのが、AGA治療薬の効果の期間についてだと思います。

 

AGA治療薬の代表であるプロペシアやミノキシジルについてですが、こちらは結論から言ってしまうと”使っている間は効果があり、使うのをやめたら元に戻ります”。

 

AGA治療を開始してから効果が出てきたから使うのをやめよう!とやめてしまうと、また薄毛に戻ってしまうという事です。

 

発毛しているのはプロペシアが脱毛を防いでいるから。これを飲むのをやめてしまうということは、また脱毛が始まってしまうということなのです。

 

これはミノキシジルでも同じです。ミノキシジルは血管拡張をして毛母細胞などを活性化させてくれるのですのですが、ミノキシジルの服用をやめればまた血行不良になり薄毛が進行してしまうのです。

 

風邪などの病気とは異なり「症状がよくなった!薬を飲むのをやめよう!」というのが気軽に出来ないのも、AGA治療のメリットでありデメリットでもあるのです。

 

AGA治療期間は半永久的

現在、日本ではAGA治療は健康保険の適用外になっています。そのため、毎月掛かる治療費やお薬代などは全て全額負担となります。

 

プロペシアの場合一ヶ月に7,500円~8,000円ほど。これに加えて血液検査や診察料、処方料なども必要になるため、一ヶ月に掛かるコストは1万円~3万円ほど。これを毎月支払っていかなければならないというのは、かなりの負担にもなります。

 

効果をずーっと継続させたいのであれば、AGA治療薬は半永久的に飲み続ける必要があります。

 

AGA治療は「パッと始めてサっとやめる」事が出来ない治療でもあるため、AGA治療を始めようかなと気軽に考えている方は是非、効果期間や治療期間、コスト面などもう一度よく考えてから開始するのがオススメです。

 

aga治療にかかる期間ってどれくらい? まとめ

AGA治療期間に”これ!”といった期間はなく、処方される薬を服用している間はずっと効果をキープできますし、服用をやめればまた薄毛に戻ってしまいます。そのため、AGA治療を始めたら効果を持続させたい場合半永久的に治療を続けていく必要があります。

 

コスト面などもあるので、気軽な気持ちで始められないというのもありますがAGAというのは放っておいても症状が改善されることはありません。また、AGAは症状が軽ければ軽いほどその効果が出てくるまでが早いのもポイントです。

aga治療で期待できる効果

これまで市販の育毛剤にチャレンジしたけど、まったく効果が得られず・・・この機会にAGA治療を行ってみようかな?と考える方も多いと思います。AGA治療というのは、自分に合った育毛剤を選ばなければ効果を得るどころか逆に薄毛の進行を促してしまう恐れもあります。

 

そこで今回は、市販の育毛剤ではなくAGA治療をするとどういった効果が期待できるのかなどを詳しくご紹介していきます!これからAGA治療を始める方、既にAGA治療をしているけど本当に効果があるのか不安に思っている方、必見です。

 

 

AGA治療がもたらす嬉しい効果とは

AGA治療は一般的にAGA治療薬を服用して治療するというのがメジャーです。ここで使われる薬は大きくわけて2種類があります。

 

1.フィナステリド(プロペシア)

 

 

2.ミノキシジル

 

の2種類です。

 

この2種類はAGA治療に欠かすことの出来ない治療薬で、大変有名です。それぞれ効果が異なるので順番に説明をしていきます。

 

1.フィナステリド(プロペシア)

飲み薬になります。プロペシア錠とも言われていて、メインになる成分が発毛有効成分のフィナステリドです。

 

抜け毛や薄毛の進行を防いでくれる効果があります。このプロペシアは長く続ければ続けるほどその効果は持続するといわれています。実際にプロペシアを飲んで薄毛・抜け毛を改善したという方も非常に多いのがポイント。

 

2.ミノキシジル

こちらは飲み薬と塗り薬の2つがあります。いずれも髪の毛の成長や発毛を促してくれる効果を持っています。

 

ミノキシジルは発毛効果がしっかりと認められているのもポイント。

 

基本的に、プロペシアを飲んで抜け毛を食い止めミノキシジルを塗って発毛を促すという治療法が一般的になります。”髪の毛が増えた””髪の毛が生えてきた”と実感する方が多いのもこの二刀流だからこそなのです。

 

AGA治療で効果が出る理由

そもそも髪の毛が薄くなる原因は、男性ホルモンのジヒドロテストステロンというホルモンが髪の毛のサイクルを乱してしまい髪の毛の成長を邪魔してしまうから。

 

そんな時に、AGA治療薬であるプロペシア(抜け毛を防止)を服用するとかなり効果覿面なのです!

 

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンと酵素の5αリダクターゼが合体すると出来るんですが、プロペシアはテストステロンと5αリダクターゼが合体するのを妨害してくれる役割を持っています。これを邪魔することによって、正常なヘアサイクルをキープすることが出来るのです。

 

ミノキシジルの場合、ミノキシジルの成分は毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる効果を持っています。それで薄毛を改善することが出来るのですね。

 

プロペシア+ミノキシジルはそもそもカラダへの薬の作用の仕方が違うので併用することが出来るのも大きなメリット。

 

併用することによって、それぞれ違った方向から薄毛・抜け毛を食い止めつつ発毛を促してくれるというわけなのです。

 

AGA治療で育毛の効果は?

AGA治療は基本的にプロペシアを飲んで抜け毛を防ぎつつ、ミノキシジルを塗って毛母細胞を活性化させて発毛を促進させていきます。それに加えて、AGA治療は生活改善指導や食事指導、効果的なヘアマッサージの方法などを詳しく行っていきます。

 

プロペシア+ミノキシジルのみでAGAを改善する方も多いのですが、食事や頭皮マッサージも大事です。食事改善や頭皮マッサージを行うことでより効果的に抜け毛防止・発毛効果を得られるのです。

 

因みに、プロペシアの場合1日1mg服用した成人男性の9割に効果が認められているのもポイントです。

 

このプロペシア、生え際や頭頂部などにも効果があるのですが、中でも頭頂部の薄毛に本領発揮してくれる薬になっています!

 

ミノキシジルは、48週間5%を服用したことでおよそ5割に発毛効果・発毛改善が認められています。ミノキシジルの場合、頭頂部の発毛が多く生え際にはあまり効果を得られないと言われているのもポイントです。

 

併せて知っておきたい、AGA治療の副作用について

プロペシアもミノキシジルも薄毛・抜け毛・発毛促進があるのは分かったけど、副作用はないの?と心配に思う方も多いと思います。

 

実は、プロペシアやミノキシジルといった”医薬品”の育毛剤には多かれ少なかれ副作用というものがちゃんと存在するのです。(医薬部外品となる市販の育毛剤はほんとど副作用無し!)

 

フィナステリド(プロペシア)の場合、元々フィナステリドは育毛剤として開発されたものではなく前立腺肥大の治療薬として開発されたものになります。

 

この副作用に”抜け毛を防ぐ”というものが発見され、AGA治療薬として使われるようになりました。フィナステリドは、ジヒドロテストステロンが発生するのを防いでくれる効果があります。男性ホルモンに働きかけてくれる効果があるため、勃起不全や性欲減退といった副作用から、倦怠感、蕁麻疹といった副作用が報告されています。

 

一方、ミノキシジルの副作用ですが、こちらも元々はAGA治療薬として開発されたものではなく高血圧の治療薬として開発されたものになります。

 

この副作用として”多毛症になる”という症状から、ミノキシジルはAGA治療薬として使用されることになりました。

 

ミノキシジルには、血管を拡張して血行を良くしてくれる効果を持っていますが、血行がよくなることによって毛母細胞などに働きかけ細胞を活発化させて発毛を促進してくれるのです。

 

ですが、ミノキシジルにも副作用があって頭皮のかゆみ・かぶれ・動悸・頭痛・めまい・むくみなどといった副作用が報告されています。

 

もちろん、AGA治療薬は効果も副作用も個人差があるため、まったく副作用が無いという方もいます。ですが、副作用があることもきちんと把握しておくことが大切です。

 

その他のAGA治療の効果について

AGA治療はプロペシアやミノキシジル服用のほかにも様々な方法があります。

 

ノンニードルハーグ(HARG療法)やメソセラピー療法もAGA治療になります。

 

こちらは髪の毛の成長を促進してくれる”成長因子”と呼ばれる栄養分を直接頭皮に注射し、育毛・発毛を促進していくというもの。AGA治療の中でも新しい治療法になります。痛みを殆ど感じないのがポイント。

 

また、自毛植毛という方法もあります。こちらは後頭部など髪の毛が生えている部分から毛根ごと皮膚を取り、毛根の死んでいる部分に移植するという外科手術になります。

 

植毛は人口毛を植毛した場合かぶれなどの皮膚トラブルが多かったのですが、自毛植毛の場合自分の細胞を移動するだけなので皮膚トラブルの心配がほとんどないのがポイント。

 

それぞれ方法は異なりますが、AGA治療の効果がある治療法になります。

 

aga治療で期待できる効果 まとめ

現在、様々な方法でAGA治療が行われているのですが中でもとくに有名で多く採用されているのがプロペシアを飲みつつミノキシジルを塗ってAGA治療を行うというものになります。

 

プロペシアもミノキシジルもAGA治療の効果が出やすい・効果を実感しやすい治療法として人気はあるのですが、いずれの薬も副作用があるためこういった副作用についてもしっかりと医師に相談してみることをオススメします。